fc2ブログ

商品価値

2009年01月26日 05:09

採用担当をしている友人とも話したのですが、 
結局のところ、

自分自身の商品価値は何か?

に尽きると。

企業側が
あなたを採用する理由はなに?
あなたを採用するメリットは?
あなたでなければいけない理由は?

新卒の場合は難しいかもしれませんが、
それらの点について考えてみましょう。
転職の場合は必須とも言えるでしょう。

それは普段買い物をするときに
どの商品を選ぶかと同じです。

例えば、
「A」という商品があったときに
上記の文章の
「あなた」を「A」に、
「採用」を「購入」に、
置き換えてもまったく違和感のない文章になります。

090126.jpg

メリットをもたらさない商品に対して、
わざわざお金を出して買わないですよね。

メリットを感じさせない商品は、
売れ残る、在庫になる、返品される、破棄される。
たぶんこの点も同じです。

ということで、
「あなた」という商品が持っている魅力を
相手に伝えることがいかに大事か、
よくわかりましたね。

続きはこちらで ⇒ブログランキング


土地に縛られない

2009年01月25日 05:41

1970年代半ばまで、 
所得格差が人口移動の主たる要因だったそうです。
しかし1970年代後半以降は、
所得格差の人口移動に与える影響が認められなくなりました。
日本が社会として成熟化したのでしょう。
土地、街とのしがらみができ、
人を簡単に他の土地に移動させなったというわけです。

これは就職活動にも影響してきます。
特に地方都市に生まれ育ち、
小学校から大学まで過ごした人は、
卒業後もその土地を離れられない人がけっこういます。
親が心配という人も多いのでしょう。

090125.jpg

反論も多いとは思いますが、
20代のうちは知らない土地で働いても良いのではないでしょうか。
現在の地方都市の多くは雇用が十分ではありません。
その結果、
派遣、非正規雇用の選択をするぐらいなら、
都会に思い切って出た方が良いと思います。

付け加えると、
1つの土地に収まっていると視野が狭くなります。
知らない土地を経験することは、
人間の幅を広げることにもなります。
同じ日本であってもそれを感じます。

地方都市を一生離れろと言っているのではありません。
都会でビジネススキルを身につけた後に、
地方に戻ればいいのです。
高いスキルをもって地方で働けば、
地方の活性化にもつながるはずです。

その人にとっても、
充実したビジネスライフが送れるのではないでしょうか。

この考え方は、いかがでしょうか?

続きはこちらで ⇒ブログランキング




最新記事