スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日、安定志向になった

2009年01月31日 05:11

先日聞いた話からの問題提起。

26歳、男性。
大学卒業後は正社員の時期もあったが、
主にフリーターをしながら、これまで過ごしてきた。
今後はずっと働ける仕事をしたい」とのこと。

では、どんな仕事を?
なんでもいい。ずっと働きたいと思える仕事であれば。
とのこと。

これまでアルバイトも含め、仕事を転々としていたそうです。
嫌になったら辞めるという感じで。
年齢が20代後半になり、
少しは落ち着きたいという気持ちになったそうです。

ただ仕事に対する姿勢は、
とにかくずっと働くことのできる職場に。
の1点張りの様子。
私はここがすごい気になりました。

安定だけを求めており、
「仕事を通じて成長したい!」
という意欲を感じられませんでした。

昨今の雇用事情もあり、
ここ2~3ヵ月は新しい仕事も求め、
無職が続いている状態だそうです。

彼に特別な能力、資格等がない限り、
ある程度以上のパフォーマンスを求める会社であれば、
安定志向だけの社員を採用するインセンティブは弱くなります。

まあ年齢的には若いので、
高望みさえしなければどこかには就職はできるでしょう。

若ければ誰でも良い、
とにかく人手が欲しいという会社なら良いと思います。
でも、
そんな会社が一生の安定を保証できるでしょうか。
逆に言えば、
いつ老いた自分と若手を取り換えられるかわかりません。
この10数年の世の中を見てきた人なら、
どうなる可能性があるかぐらいは容易に想像できるでしょう。
彼の気持ちはわからなくもありませんが、
彼が満足のいく就職ができるのか、少し心配です。

あなたが企業側なら、この方を採用しますか?

続きはこちらで ⇒ブログランキング


スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syusyokuhyogaki.blog67.fc2.com/tb.php/53-b57a8a27
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。