fc2ブログ

就職氷河期とは?

2008年11月25日 23:00

[就職氷河期] ブログ村キーワード

就職難の別名。

就職雑誌『就職ジャーナル』が
1992年11月号で提唱した造語だそうです。
ちなみに1994年の流行語大賞。

日本ではバブル崩壊の1991年以降、
有効求人倍率が下がり続けました。
一般的には1995年入社組~2005年入社組が
就職活動をしていた時期が「就職氷河期」にあたり、
その期間に就業した新卒者を就職氷河期世代と言います。
さらに大手金融機関の破綻、アジア通貨危機後の
1999年以後を「超就職氷河期」と呼ぶこともあります。
特に2000年には、
新卒の有効求人倍率が1倍を下回りました。

2006年以降は状況が急速に回復、
これまでと一変して売り手市場となりました。
しかし、
2008年のサブプライム問題を契機に、
雇用環境に再び悪化の気配があります。
前回の就職氷河期と区別し、
2010年以降を
「第2次就職氷河期」と呼ぶことになるかもしれません。

もっと詳細に知りたい方は、
Wikipedia「就職氷河期」を見ると良いかと思います。

有効求人倍率等の雇用指標の推移については、
リクルートワークス研究所の資料を参考にすると良いでしょう。

続きはこちらで ⇒ブログランキング


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://syusyokuhyogaki.blog67.fc2.com/tb.php/39-8a273989
    この記事へのトラックバック


    最新記事