fc2ブログ

こんな奴は「負け組」だ! vol.9

2009年01月14日 06:45

負け組: 数字目標から逃げる 

数字目標はプレッシャーになります。
それはゴールラインがはっきりしているため、
目標達成か、未達成かが明確だからです。

目標設定が定性的なものの場合、
目標達成のラインがあいまいになります。
そのため、
結果に対する解釈の自由度が大きくなります。
一方で数字目標の場合は、
目標数字をクリアできたか、クリアできなかったか、
それが唯一のエンドポイントです。
ごまかしが利きません。
そのためプレッシャーも大きくなります。
特に状況が悪いときは過度なまでのストレスになります。 

081113計算機

就職活動は数字目標を立てるようなものではありません。
しかし、
志望企業の内定を取れるか、取れなかったかだけが、
目標を達成できたか、未達成かの境界になります。

数字目標と同じく、ゴールがクリアです。
内定は1社からももらえませんでしたが、
「私は頑張りました!」では意味がありません。
だからこそ、ストレスも大きくなります。

就職活動を進める中で、
「不採用」が続くとけっこうストレスになります。
特に内定が1つも持っていないときは余計に堪えます。
そんな時です。
プレッシャーに耐えられなくなり、
就職戦線から逃げ出す人が出てきます。
私の身近なところにもいました。

個人的な見解ですが、
第1次就職氷河期のときに正社員として就職できなかった人の中には、
単にストレスに耐えられず、
「就職氷河期だから」と言い訳をして
逃げ出しただけの人も多かったのではないか、
と思っています。

ということで、
これまで数字目標を設定することに対して、
言い訳をしては避けてきた人は要注意です。
プレッシャーに耐える努力をしてください。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://syusyokuhyogaki.blog67.fc2.com/tb.php/38-be55f0fa
    この記事へのトラックバック


    最新記事