スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・履歴書のレベル

2009年01月06日 10:16

昨日の続き

ではどこまでのレベルを目指すべきか?

履歴書を読んだ面接官に
ここを、こんな感じで質問して
と訴えるポイントを作れたら、
おじさんはもう何も言うことはありません。
面接官が質問したくなうように書くのです。
そして本番でその通りに質問が来る。
もう心の中でガッツポーズ

要するに、
こちらから質問の仕掛けを作るのです。

obt0063-002_m.jpg

そこまで考えられた履歴書は、
それ以外の欄もしっかりしてきます。
書いた内容に目的、根拠がありますから。

まあこの段階に達すれば、
内定の1つ、2つは軽く取れているでしょう。
あとは早いか、遅いかですね。

そんなレベルは無理だと感じた人は、
そこまで意識して履歴書を書けている人が、
同じ応募者の中に存在することをまずは認識しましょう。

がりんこ

  続きはこちらで ⇒ブログランキング

スポンサーサイト

履歴書のレベル

2009年01月05日 03:01

就職活動を始めたばかりの頃は、
履歴書に書く内容に頭を悩ませる人が多いかと思います。
新卒の方の多くにとって履歴書は、
アルバイトの応募ぐらいでしか書いたことがないでしょう。
とはいえ、
アルバイトの応募と同じノリでは書けませんよね。

そんな履歴書内容ですが、
就活をこなしていくうちに完成度を高めていきましょう。

iroenpitsu1.jpg

就職活動にも慣れ、
面接経験が豊富になると、
何を質問されるかわかるようになるからです。
そうすると当然、
履歴書に書く内容書き方に変化が出始めます。
というか変化させてください。
就職活動を通じてあなた自身だけでなく、
提出書類も一緒に成長させてあげましょう。

ではどこまでのレベルを目指すべきか?

この続きは後ほど ⇒ブログランキング

がりんこ



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。