スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地に縛られない

2009年01月25日 05:41

1970年代半ばまで、 
所得格差が人口移動の主たる要因だったそうです。
しかし1970年代後半以降は、
所得格差の人口移動に与える影響が認められなくなりました。
日本が社会として成熟化したのでしょう。
土地、街とのしがらみができ、
人を簡単に他の土地に移動させなったというわけです。

これは就職活動にも影響してきます。
特に地方都市に生まれ育ち、
小学校から大学まで過ごした人は、
卒業後もその土地を離れられない人がけっこういます。
親が心配という人も多いのでしょう。

090125.jpg

反論も多いとは思いますが、
20代のうちは知らない土地で働いても良いのではないでしょうか。
現在の地方都市の多くは雇用が十分ではありません。
その結果、
派遣、非正規雇用の選択をするぐらいなら、
都会に思い切って出た方が良いと思います。

付け加えると、
1つの土地に収まっていると視野が狭くなります。
知らない土地を経験することは、
人間の幅を広げることにもなります。
同じ日本であってもそれを感じます。

地方都市を一生離れろと言っているのではありません。
都会でビジネススキルを身につけた後に、
地方に戻ればいいのです。
高いスキルをもって地方で働けば、
地方の活性化にもつながるはずです。

その人にとっても、
充実したビジネスライフが送れるのではないでしょうか。

この考え方は、いかがでしょうか?

続きはこちらで ⇒ブログランキング


スポンサーサイト

地方のハンデ

2009年01月18日 06:46

地方大学の方で中央の企業を目指す方は 
いろんな意味でハンデを背負っています。

これは私が新卒の頃に就職活動で出会った
地方国立大学のある大学院生のお話です。

某企業の最終面接の後に
私は彼と一緒にお茶をしました。
当然、就職活動の話が中心になったのですが、
彼の話では、
「この会社の内定が出たら、就職する」
「何度も上京するのは、時間的にも経済的にも厳しい」
「まだ内定は1つもないが、そんなに何社も受けることができない」
「ある程度のところでの妥協は仕方ない」

ということでした。

最終面接だったその会社は某有名企業です。
就職先としては申し分のないところだと思います。
(数年前に合併して社名は変わりましたが。)
とはいえ、話を聞いていて
「本当に納得できているのかな?」
という感じが私には強く残りました。
それゆえ
そのときのことは今までもよく覚えています。

090117.jpg

地方在住の方は
時間的な問題、金銭的な問題から
東京、大阪近郊に住む方と比べて
応募できる企業の数も限られてきます。 
その結果として、
企業を見る機会も、比較する機会も少なくなる
ということです。

就職活動の結果次第で、
人生は大きく変わってきます。
せめて納得のいく就職活動をしてください。

ちなみに院生の方のその後ですが、
その会社から内定が出て、そのまま就職したそうです。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。