スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勝ち組」のヒーロー・インタビュー vol.3

2009年01月21日 05:29

就職活動中はいろんな人で出会いました。 
特に大手企業を受けるときは
「この人は凄いな」と思える人がよくいました。
あまり参考にならないかもしれませんが、
今回紹介する方もその1人、
営業職を希望していた大石さん(仮名)です。

そんな大石さんの名文句
採用試験は甲子園みたいなもの

彼は採用選考で行われる
試験、面接、グループディスカッション等を
単純にトーナメントとして考えていました。
目の前のライバルより自分に優位性があれば、
とりあえず次のステージに上がれるだろう

というシンプルな発想だそうです。

080121.jpg

実は私自身も一度だけ、
大石さんと集団面接が一緒になったことがあります。
それが話すきっかけでしたが。
たしかに他の応募者を圧倒していました。
論理性、インパクト、明確性、業界知識等が、
明らかに私とレベルが違いました。
一緒に面接をしていたうちの1人に、
面接が終わった後、
「勘弁してください」
と言われているぐらいでした。
当時私も圧倒され、敗北感の残る面接になりました。

学生が
「ここが良かった」「ここは評価されただろう」
と感じるポイントと
企業が実際に評価するポイントは、
異なっていることがよくあります。
しかし私が聞いている限り、
大石さんはほとんどの企業で内定をもらっていましたから、
やっぱり凄かったのでしょう。
私が言うのも変な話ですが、
その会社、業界についてもよくご存知でした。
かなり勉強されていたのだと思います。

ちなみに彼の友人が
某外資系企業の人事の方から直接聞いた話だと
「(大石さんを)営業職として採用しない会社はないと思う。
 営業職に求めるポイントをすべてクリアしている。
 でも彼はうちに来てくれるのかなぁ・・・」
と言っていたそうです。

大石さん、
あなたはやっぱり凄い人でした。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング


スポンサーサイト

「勝ち組」のヒーロー・インタビュー vol.2

2009年01月17日 01:47

今回紹介する方は梨田さん(仮名)です。
この方も新卒のときに出会った方です。
とにかくインパクトのある、個性的な方でした。

そんな彼のテクニックは
論理的かつシンプルに

面接中はできるだけ短く、
言いたいことを確実に伝えることだけ考えていたそうです。
ダラダラ話すと、
相手に伝えたいことがボヤけるからです。

090118.jpg

彼の言うことは一理あります。
あれも、これもと思って話していると、
結局何を伝えたいのか自分もわからなくなりますよね。
相手はもっとわからなくなります。

梨田さんがその結論に至った理由は、
集団面接を何回か経験して、
面接中、客観的に他の応募者の話を聞いていたら、
結局何を言いたいのかわからない連中ばかりだった
と。

訳のわからないことをグダグダ話すぐらいなら、
考えをシンプルに、明確に伝えた方が良い!
という結論に至ったそうです。

それに面接官が自分の話した内容に興味があるなら、
面接官の方がさらに突っ込んだ質問してくるだろうと。

「ごもっとも!」と
当時納得したのを記憶しています。

その後、梨田さんは、
早々に5~6社の内定をとり、
2月末には就活を終えていました。
外資系メーカーに就職したと聞いています。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。