fc2ブログ

特技で採用

2009年01月03日 06:54

箱根駅伝を観て思い出しました。

企業によっては「マラソン採用」があります。
もちろん「野球採用」等もあります。
一芸入社みたいな感覚です。

fire_eater3.jpg

言っておきますが、
プロやオリンピックを目指すような
第一線の選手としてではありません。
あくまで
週末の市民マラソン大会、草野球等で活躍してもらうための社員です。

企業のステークホルダーには様々なニーズがあります。
それが野球であったり、マラソンであったり、
サッカーであったりもするわけです。
私が知る限りでも、
前回の就職氷河期の際も、
採用理由がおそらく特技であったであろう人は存在しました。

あなたが持っている何らかの特技が、
就職に生きてくる可能性はゼロではありません。
それが何であろうと可能性を模索してみてはいかがでしょうか。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング

就職氷河期とは?

2008年11月25日 23:00

[就職氷河期] ブログ村キーワード

就職難の別名。

就職雑誌『就職ジャーナル』が
1992年11月号で提唱した造語だそうです。
ちなみに1994年の流行語大賞。

日本ではバブル崩壊の1991年以降、
有効求人倍率が下がり続けました。
一般的には1995年入社組~2005年入社組が
就職活動をしていた時期が「就職氷河期」にあたり、
その期間に就業した新卒者を就職氷河期世代と言います。
さらに大手金融機関の破綻、アジア通貨危機後の
1999年以後を「超就職氷河期」と呼ぶこともあります。
特に2000年には、
新卒の有効求人倍率が1倍を下回りました。

2006年以降は状況が急速に回復、
これまでと一変して売り手市場となりました。
しかし、
2008年のサブプライム問題を契機に、
雇用環境に再び悪化の気配があります。
前回の就職氷河期と区別し、
2010年以降を
「第2次就職氷河期」と呼ぶことになるかもしれません。

もっと詳細に知りたい方は、
Wikipedia「就職氷河期」を見ると良いかと思います。

有効求人倍率等の雇用指標の推移については、
リクルートワークス研究所の資料を参考にすると良いでしょう。

続きはこちらで ⇒ブログランキング




最新記事