fc2ブログ

地方のハンデ

2009年01月18日 06:46

地方大学の方で中央の企業を目指す方は 
いろんな意味でハンデを背負っています。

これは私が新卒の頃に就職活動で出会った
地方国立大学のある大学院生のお話です。

某企業の最終面接の後に
私は彼と一緒にお茶をしました。
当然、就職活動の話が中心になったのですが、
彼の話では、
「この会社の内定が出たら、就職する」
「何度も上京するのは、時間的にも経済的にも厳しい」
「まだ内定は1つもないが、そんなに何社も受けることができない」
「ある程度のところでの妥協は仕方ない」

ということでした。

最終面接だったその会社は某有名企業です。
就職先としては申し分のないところだと思います。
(数年前に合併して社名は変わりましたが。)
とはいえ、話を聞いていて
「本当に納得できているのかな?」
という感じが私には強く残りました。
それゆえ
そのときのことは今までもよく覚えています。

090117.jpg

地方在住の方は
時間的な問題、金銭的な問題から
東京、大阪近郊に住む方と比べて
応募できる企業の数も限られてきます。 
その結果として、
企業を見る機会も、比較する機会も少なくなる
ということです。

就職活動の結果次第で、
人生は大きく変わってきます。
せめて納得のいく就職活動をしてください。

ちなみに院生の方のその後ですが、
その会社から内定が出て、そのまま就職したそうです。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング


スポンサーサイト



「勝ち組」のヒーロー・インタビュー vol.2

2009年01月17日 01:47

今回紹介する方は梨田さん(仮名)です。
この方も新卒のときに出会った方です。
とにかくインパクトのある、個性的な方でした。

そんな彼のテクニックは
論理的かつシンプルに

面接中はできるだけ短く、
言いたいことを確実に伝えることだけ考えていたそうです。
ダラダラ話すと、
相手に伝えたいことがボヤけるからです。

090118.jpg

彼の言うことは一理あります。
あれも、これもと思って話していると、
結局何を伝えたいのか自分もわからなくなりますよね。
相手はもっとわからなくなります。

梨田さんがその結論に至った理由は、
集団面接を何回か経験して、
面接中、客観的に他の応募者の話を聞いていたら、
結局何を言いたいのかわからない連中ばかりだった
と。

訳のわからないことをグダグダ話すぐらいなら、
考えをシンプルに、明確に伝えた方が良い!
という結論に至ったそうです。

それに面接官が自分の話した内容に興味があるなら、
面接官の方がさらに突っ込んだ質問してくるだろうと。

「ごもっとも!」と
当時納得したのを記憶しています。

その後、梨田さんは、
早々に5~6社の内定をとり、
2月末には就活を終えていました。
外資系メーカーに就職したと聞いています。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング




最新記事