fc2ブログ

地方のハンデ

2009年01月18日 06:46

地方大学の方で中央の企業を目指す方は 
いろんな意味でハンデを背負っています。

これは私が新卒の頃に就職活動で出会った
地方国立大学のある大学院生のお話です。

某企業の最終面接の後に
私は彼と一緒にお茶をしました。
当然、就職活動の話が中心になったのですが、
彼の話では、
「この会社の内定が出たら、就職する」
「何度も上京するのは、時間的にも経済的にも厳しい」
「まだ内定は1つもないが、そんなに何社も受けることができない」
「ある程度のところでの妥協は仕方ない」

ということでした。

最終面接だったその会社は某有名企業です。
就職先としては申し分のないところだと思います。
(数年前に合併して社名は変わりましたが。)
とはいえ、話を聞いていて
「本当に納得できているのかな?」
という感じが私には強く残りました。
それゆえ
そのときのことは今までもよく覚えています。

090117.jpg

地方在住の方は
時間的な問題、金銭的な問題から
東京、大阪近郊に住む方と比べて
応募できる企業の数も限られてきます。 
その結果として、
企業を見る機会も、比較する機会も少なくなる
ということです。

就職活動の結果次第で、
人生は大きく変わってきます。
せめて納得のいく就職活動をしてください。

ちなみに院生の方のその後ですが、
その会社から内定が出て、そのまま就職したそうです。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング


スポンサーサイト



続・就職?それとも進学?

2009年01月16日 01:52

前回からの続き)
進学か、就職か、
もし心から悩むようなら、
私はあえて大学院進学を勧めます。

進学就職かを悩んだ挙句に就職した場合、
将来、進学しなかったことに後悔する可能性を残すからです。
就職についてはいつかすることになるので、
逆はあんまり考えづらいですよね。
もう1つ言うと、
大学院卒業→会社就職」の流れはスムーズにいきますが、
「会社退職→大学院進学」はかなり勇気がいります。
まあ、やれるチャンスがあるうちにやったら、
というところです。

090116.jpg

ちなみに、 進学か、就職かの悩みについて、
おそらく相談しない方がいい人達がいます。
それは大学の先生です。
私が知る限り、間違いなく大学院進学を勧めます。
彼らにとっては仕事上のメリットもありますが、
けっしてそれだけではありません。
教員の大半は社会に出ることなく大学院に進学し、
そのままアカデミックな世界で生きている人達です。
だからこそ、
自分の人生を肯定する意味も含めて、
大学院進学を勧めてきます。

挙句に就職して気分を害させたら
こっちも気分が悪いので、
身近な大人ではありますが、
お互いのためにも
その相談だけはしない方が良いでしょう。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング

 


最新記事