fc2ブログ

こんな奴は「負け組」だ! vol.8

2009年01月10日 03:39

負け組: エネルギーを感じられない

第1次就職氷河期世代とも言うべきか、
前回の就職氷河期のときも、
人気企業に内定した人は、
ギラギラした感じの奴が多かったです。

まわりにエネルギーが放出されていることが伝わりました。
発散しているエネルギーが低めの方もいましたが、
そんな方はたいてい首席卒業の方、
もしくはそれに準ずる学業成績の方でした。
外に発散していないだけで、
内に秘めるエネルギーが凄い方なのでしょう

wmn0061-039_m080110.jpg 
 
では逆はどうでしょうか。
一緒にいてエネルギーを感じられない人は、
やっぱり内定を取れていませんでした。 
ちなみにそんな方はたいてい存在感もありませんでした。
教室に居ても
「あっ、居たのね?」みたいな感じで。
面接の場でも、
きっと存在感なく消えていっているのでしょう。
さらに卒業後、
数年もするとクラスの4分の3が
彼、彼女の存在を忘れてしまうことでしょう。

かなり主観的な内容になりましたが、
経験上ではそんなに間違ってはいないと思います。
ちなみに変なオーラを出していた連中はもっと苦しんでいました。
どんなオーラかは各自の想像にお任せします。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング

スポンサーサイト



派遣村問題につぶやく 後篇

2009年01月08日 06:50

前篇からの続きです。 

前篇の最後のコメント
派遣村の住民による訴求コメントはこんな感じでしょうか?

Aさん
そんなことは知らなかった。

はっきり言います。
知らない方が悪いのです。
お子様の論理は通用しません。
犯罪行為を行い逮捕された後に、
「それが犯罪だったなんて知りませんでした。」
と涙ながらに訴えても当然許してはもらえません。
それと一緒です。
自分の無知を責めなさい。
だけどその悔しい思いを他人にぶつけるなよ 。

Bさん
正社員として働きたいが、非正規という選択肢しかなかった。

そんな方は「なぜ正社員になれなかったか?」を考えるべきです。
単純に企業側が正社員にしなければならないほどの
パフォーマンスを発揮できないからではないのでしょうか。
それは若い時に自分を磨かず、
毎日夕方になると居酒屋で飲んでいたからではありませんか?
童話「アリとキリギリス」と同じです。
子供の頃に習ったでしょう?
再び働くときは、その点を意識した方がいいと思います。

Cさん
今の日本は一度敗者になると復活の機会が与えられない。

いいえ、復活はできます。
但し、
復活するには最初から勝ち続けるよりも、
はるかに労力がかかります。
人並み以上の努力が必要になるだけです。
年齢を重ねるほど余計にそうです。
本気で問題意識を持っているのなら
それだけの努力をしてから訴えてください。
「それなりに働いています」というのはダメですよ。
日本中の多くの方は頑張って働き、生きています。
それでは差を詰めることができませんので。

がりんこ

続きはこちらで ⇒ブログランキング

[派遣村問題につぶやく 後篇]の続きを読む


最新記事